Web上の噂にふりまわされない!正しい脱毛知識を身につけて自分に合った「脱毛」を賢く選んでオトクにムダ毛対策!

トップページ脱毛を受ける前に > こんな人は脱毛を受けられない?

こんな人は脱毛を受けられない?

医療クリニックや脱毛サロンでは主に「レーザー」や「光」を用いて脱毛を行います。実はこの施術方法、受けるべきではない人や、受けると肌トラブルを招きかねない人も。詳しく見て行きましょう。

10代の成長期にはレーザー脱毛を受けるべきではない?

10代の成長期にはレーザー脱毛を受けるべきではない?

成長途中で脱毛の施術を受けるのはあまりおすすめしていない店舗が多いです。また、10代の方が脱毛を受けるには保護者の同意書が必要となります。
最近では子どもと一緒に脱毛を受けられるなどのキャンペーンを行っているところもありますが、出力がかなり低くないと身体に思わぬ影響を及ぼしてしまいますので、気をつけるようにしましょう。

妊娠中は脱毛してはいけない?それはなぜ?

妊娠中は脱毛してはいけない?それはなぜ?

妊娠中はホルモンバランスが崩れたり、毛周期にばらつきが生じることがあります。また、皮膚が敏感になっており、ちょっとのダメージでも赤みや痒みが出てしまうことも。
多くの脱毛サロン・クリニックでは妊娠中の施術を断っており、もし途中で妊娠が発覚した場合は脱毛の施術を一時休会する必要があります。

毛抜きで毛を抜いて自己処理をしている人は受けられません!

毛抜きで毛を抜いて自己処理をしている人は受けられません!

毛抜きで自己処理をすると毛根部分までごっそりなくなってしまい、毛周期が乱れます
そのため、直前まで毛抜きで処理をしていると脱毛効果がほとんど感じられなくなってしまいます。できれば毛抜きは1ヶ月前まででやめ、カミソリでの処理に変えましょう。

日焼けしている肌は脱毛を受けてはいけません!!

日焼けしている肌は脱毛を受けてはいけません!!

脱毛サロン・クリニックでの脱毛方法は、毛根部分の黒いメラニン色素に反応する「レーザー」「光」を使用しています。
そのため、日焼けをしてしまうと、反応が鈍くなってしまうだけでなく、必要のない皮膚の部分にまで反応してしまうおそれが。絶対に日焼けはしないようにしましょう。

シミ・アザ・ほくろの多い人は脱毛ができない?

シミ・アザ・ほくろの多い人は脱毛ができない?

シミ・アザ・ほくろの多い人も、日焼けと同じで、その部分の色素が反応してしまうので脱毛を受けることは出来ません。
毛の部分だけでなく、ほくろの部分にまで反応してしまうことで、肌トラブルや火傷を負いかねないためです。

薬を服用している場合は脱毛を受けるべきではない?

薬を服用している場合は脱毛を受けるべきではない?

服用している薬によっては肌が敏感になったり、ホルモンバランスが変わったりするものがあります。
例えば生理不順などを改善するための薬はホルモンを補っているものがほとんど。ホルモンバランスが変わることで毛周期のバランスも同時に崩れ、脱毛をしても効果を得られにくくなってしまうため、おすすめしません。
その他の薬でも、一度医師に相談することをおすすめします。